FC2ブログ
木型工房から見た風景を書き記します!
12 * 2019/01 * 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
11/07
no title




人気のdiscoverジャパーンの12月号が届きました。
町のシューレ963を立ち上げられた奈良のくるみの木のowner石村由紀子さんの目利きでセレクトされました。
様々な伝統工芸とともに表紙から掲載されています。ありがとうございました。
その町のシューレ963で8日から「たかまつ工芸ウィーク」が始まります。
展示とともに9日には豆はなの和三盆のワークショップも開かれます。

その後13日から高松三越で恒例の香川の伝統的工芸品展が始まります。
今回は18日までの6日間ですがシフトは豆はなが午前中で私は昼から最終19時までです。
売品作りから搬入までまたまた老体にムチ打ちます。
実演販売にも努めますからご来店宜しくお願いいたします。
11/03
no title




今日は高松第一小学校への日でした。
小中一貫校の特区で未來課 が有ります。
一年間かけて菓子木型と和三盆を調べて、日本で唯一木型も彫ります。
工房で 用意した木を持参して二時間かけて仕上げます。
最後に感想を書いてその場で読み上げて頂きましたが手直しする私の手の力に驚いたようでした。
仕上がった木型はまた2月のテクテク高一で皆さんに発表されます。
その後別の教室に案内され、壁に貼られた新聞を見せて頂きました。
全員が作成し順次掲示されるそうです。

夜はローヤルパークホテルの錦に参りました。
新装なってとても綺麗でしたが今日から先日納めた木型での和三盆の提供が始まります。
最後に抹茶と共に出されますがとても美味な会席料理でした。
料理長はじめ皆さんありがとうございました。
10/23
no title




今日は四時に仕事を切り上げて高松市六条町の高原水車の初めての御披露目の会に参りました。
数年前に「こんな物あるよ」と案内していただきましたがそれから朽ち果てていた水車小屋が皆さんの尽力で立派に復元されて、今日はグルグル回っていました。
中に入れば保護すべき文化財がそっくり時空を越えて現存してました。
子供の頃の風景を思い出させて頂きました。

最初は数人で始まった復元へのプロジェクトチームが今では200名にもなり、その方達の熱意で支えられているそうです。
オーナーと久保さん、明日からの町お越しの全国contestでの成功、お祈り致します。
10/16
no title




この度フェンスを整備するついでに緑を犠牲にして駐車場を広げました。
縦列駐車が可能になりましたので最大11台Ok となりました。
前進で入られてまた前進で出られます。
いつでも安心してお立ち寄り下さい。
そこから今日は新番町小学校へ参りました。
三時間目が和三盆型抜き体験で私は四時間目の伝統工芸のお話が担当です。
聞き手のマナーは最高でしたから、また全員で高松三越の伝統工芸展に来られます11月13日が楽しみです。
先生に見送られて学校を後にして高松駅前にこの度完成したJR クレメントinn にも回りました。
周辺にもインバウンドの客で一杯ですがその中をホテルの二階に上がると香川の伝統工芸品が並んでいます。
今香川の観光は素晴らしいですが、浜田知事をはじめとしてこれだけの賑わいをもたらせて下さる担当の皆さんに感謝です。
10/09
no title



高松市との姉妹都市のセントピータース市とか香川銀行からのタスマニアからのホームステイを受けられた家庭からよく高校生等の方をこちらにお連れいただいて素晴らしい奉仕活動だと思っていましたが、なんと今回は立場が変わりまして、初めてお迎えしました。
23歳のベトナムの方ですがわずか二泊でお別れでした。
1500人の中から選ばれた精鋭6人の中の一人だそうですが優秀さがよくわかります。
昨日は我が家の学生と直島と県立museumに行きまして、今日は他家にステイされている寺尾親方にそっくりさんと合流して一緒に和三盆体験と工房見学されました。
ホーチミン大学で教鞭を取られているそうですが帰られましたら授業でも学生達に、日本の文化が伝わる予感がします。
09/29
no title



栗林小学校6年生31名が来られました。
先に豆はなが学校へ行き、家庭科室で和三盆作りの体験は終わっていますので工房では木型を見ながら90分のお話しの時間です。
県下一のマンモス校だけあって子供たちは流石のレベルでした。
これから木型のことを調べてパネルにしたり展示の準備して11月18日の栗林公園内でのオータムフェアに備えられます。
私はその日高松三越での伝統工芸展の最終日ですが少しでも見たいので参ります。頑張って下さい。

長く学校と様々な形で関わって参りましたが
私の多忙さが増えるにしたがって大変さもつのりますので、 娘が登校して、改めて伝統工芸等のお話はこちらにお越しいただく!それがベストかと思います。

宜しくお願いいたします。
09/13
no title




「ハートオリーブ」
オリーブの葉っぱが偶然くっついてハートの形になったものだそうですがそれを見つけるとハッピーになれる!と小豆島オリーブ公園辺りまで探しに行かれる方が多いそうです。
その和三盆が着々と出来上がっています。
詳細はまたお知らせ致します。

そして高松一校の学園祭で校章の和三盆も売られますと聞いて見に参りました。
調理部の生徒の手作りですが好評だとの事で良かったです。
また仏生山のへちま文庫では山梨の作家さん、熊谷幸治氏が菓子型土偶展をされています。
17日までやってますからご覧下さい。
問い合わせ 080 4035 3657

九月になったのでまた各小学校とか国際交流協会からと沢山お見えになられます。
気を付けてお越しください。
09/04
no title




トヨタ産業技術記念館に行って参りました。
繊維機械の工場の跡地が記念館になっていて煉瓦作りの建物も立派でトヨタ城かと思いました。
誰もが楽しめる施設が沢山有りますがその内の「創造工房」を会場にして、抽選で選ばれた親子64名様を2回に分けてお話をしました。
先に型抜き体験もされたのでどなたからも笑顔がこぼれる4時間となりました。
ありがとうございました。
お陰さまで二日間アームも休 めました。
日頃休みなくコリコリ彫っている私にとってこのような呼ばれた時が休養日です。

また宜しくお願いします。
09/02
no title




もう一度行けたらと思っていたトヨタ自動車博物館ですがその機会に恵まれました。
名古屋から地下鉄と愛知万博でてきたリニアに乗って長久手の芸大前に着きました。
施設は大自然のなかで進化していました。
三階建てと新館で車は全て完全な状態で展示されていました。
1970年にタイムスリップしました。
当時の憧れの車が今も輝いています。
輸入車は世界の貴族御用達の名車も沢山有りました。これぞトヨタの底力。
何より全館撮影OKですの言葉に惚れました。

午後は徳川美術館に参りました。
徳川家が伝える武具甲冑と名刀展で賑わっていました。館内は当然撮影禁止ですし併設の徳川園は雨でした。

晴のち雨!そんな一日でしたが、明日の快晴を祈ります。
08/27
no title




木型でお世話になっています大西アオイ記念館で桜井高校の茶華道部の茶会が有るとのお誘わいを戴き参りました。
生徒全員がユカタ姿で練習の成果を披露してくれました。学園祭でも頑張って下さい。

9月2日の名古屋トヨタ産業技術記念館でのイベントですが参加予約が取れなかった方も館内全て傍聴は可能ですからお越しください。
お待ちしています。
木型注文のメールも戴きましたが今からでもメッセージを戴きましたら会場でお渡しいたします。
高松まで来れない方の為少し搬入もしておきます。

大西アオイ記念館の手前のサンメッセでたまたまブライトリングの時計の展示会が開かれていました。 欲しい、買えない、似合わないの三拍子ですが腕にはめてみるとまるで流石のアートでした。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.