FC2ブログ
木型工房から見た風景を書き記します!
05 * 2020/06 * 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/18
no title






特にこの15年程毎日寸暇を惜しんでコリコリ彫って来ました。
いつも工房に居るからと皆さん安心して来られましたしアポ無しも当たり前でした。
だから出かけなかったと云う面も有りました。
ところが? ここに来て様子が一変 !!
電話は鳴らない。駐車場はガラガラ。ゴムの切れたバンジージャンプ状で落下しました。
これではもう岩に張り付くコケのように工房に居る事も無いかと静かな路を選んで散歩に出かけました。街が変貌していました。
校区が人気のせいか栗林公園近辺にはマンションが林立してました。
まるでおとぎ話の浦島太郎状態で眺めてました。
? よく言われます、「朝の来ない夜は無いから、きっと夜明けは来るから」と。でも夜は明けても朝は来ても 長いトンネルの中に居て、雲の上にだけサンサンと陽光が注いでもなあ!
いつこのトンネルから出られるのか。それは皆でこの難関を自制心で乗り越える事ですね。
はれてそこにまた明るい日差しが待ってます。
思出話になる日まで頑張りたいですね。

最後の BS TBS ( 和心百景) Vo3 終わりました。
やれやれでした。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.