木型工房から見た風景を書き記します!
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
01/22
うどんの粉と菓子木型
2009年1月 251
去年から花園小学校からの依頼で六年生の総合学習の時間に伝統工芸と菓子木型の話をするために4時間ほどお邪魔をしていました。
今日はその成果を発表する教育研究会の日でした。
「あと二ヶ月で卒業していく子供達に、将来に向かって夢を持ってくじけずに根気良く努力してほしい」ということで小麦粉”さぬきの夢2000”を生み出すまでのJAさんの苦労と、こちらの木型職人としての苦労とを対比しての研究でした。
沢山の資料も作られ、高松市の東ブロックの先生たちが集合されての公開授業でした。
私も最後に二分ほどお話をさせていただきましたが、教育の重要性とか、大変なご苦労をされていることを学んだ日でした。
子供達も良く頑張りました。
関係の皆様,会がご盛況のうちに行われたこと、おめでとうございました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.