FC2ブログ
木型工房から見た風景を書き記します!
02 * 2021/03 * 04
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
03/30
no title






せっかく予約してくれて行ったけど紫雲出山も雨でした。
久しぶりの高速道路、車は走ってくれたと喜びました。
紫雲出山の下で待ってやがて登りの一方通行で余裕で進みました。
上は日本で唯一世界の絶景12選に選ばれただけの流石の展望でした。
第二駐車場から歩いて昇る展望台は雨で霞んでいましたが。

同時に木型で和三盆体験も取り入れられている庄内半島の縁さんにも行けました。

父母ヶ浜も以前行った時は満潮時でさっぱりワイパーでしたが今回は遠浅を歩けてバリバリでした。

有効な1日でしたが、惜しむらくは快晴で満開の日に予約が叶えば最高のビューポイントでした。
スポンサーサイト



03/21
no title







栗林公園の栗林庵が開店8周年感謝祭と言う事でお邪魔をしました。
5周年の時ガラスケースに菓子木型を飾って頂き、海外の方にもおおいに広めて頂きましたが今8周年では何がデイスプレーされるか注目していました。
なんと郷土玩具の誇りであります故 宮内フサさんのほうこうさん等の特集でした。
山口から立ち寄られた方が 店をいたくお気に召され「宮内作品のコレクターですが個人で持っているよりこのような所で広く見て欲しい」とほぼすべてを寄贈なされたのです。
県の方で永く保存されるそうです。

園内には桜もチラチラ咲いておりました。

先日和工房あきさんの所へお邪魔しましたが
その折りに お話が有りましたお店のシンボルのウサギさんの木型ですが出来ました。
試作を重ねましたがあの時お茶の亭主をされた多田さんが今取りに来られました。
8月28日に茶会をしたいのですが菓子木型の和三盆茶会は可能ですかとの相談でした。

世の中お茶の世界もバリバリ復活の兆しです。
03/18
no title




私が最初に買った携帯はNTT四国移動通信からでした。申し込むと営業の方が来て下さいましたが当時の番号は10桁で香川では全て030188から始まりでした。そこでタイミング良く末尾に1234をくれました。
よく壊れては茜町の数人だけの修理センターに持って行きました。
かけて受けるだけの機能でしたが10時間でバッテリーは切れました。
その後弁当箱程から小型化になり会社も増え、デジタルになり番号も11桁に増えました。
今も香川で0903188から始まる番号の方は初期から利用の方です。
? そして次に車を買った時に営業の方が好きな番号をお付けしますと 言われました。
困ったなあ、極力目立たない方が良いんだけど、でももう品行方正になったから良いかと1234を言ってみました。あまり欲しくはなかったのですが本当に採ってくれました。お陰で家族は誰も乗ってくれません。
そしてFBの友人数が先日見たら1233人になっていました。
あと一人で1234ですが私もあと1日で生誕記念日です。

これからも右肩上がりで参りたいのですが 先日の樺川ダムの下のホテルも県外に行けない修学旅行生でバリバリの大繁盛だったそうです。
おめでとうございました??
03/13
no title





花園小学校の6年生が 木型工房に来られ話を聞いて帰られました。
そこへ娘が飛び込んで来ました。「大変だぁ 9人死んだー」と尋常でない顔で。
こちらもびっくりしました。
今帰ったばかりの大切な児童達なのです。
校門の辺りでもしやトラックにでも跳ねられたかと、それで九人もが犠牲になったか!
再度聞くと「大変だぁ 震度9だぁ」という話でした。それからのご苦労には頭が下がります。

その10年後、塩江町の椛川ダムへ今しか見れない湖底の景色を見に参りました。
樺川観光ホテルの奥に凄い光景が広がっていました。? 今は試験蓄水だそうですが濾水とかがなければまた本格的に溜めるそうです。
圧巻でした。

その後市役所前で''株'' ツジセイ製菓さんが開店されたお菓子の店 ' '讃岐三白'' と 3Fでの絵本館 ' 'アトリエロッタ'' に参りました。
昔ライオンズクラブでコンビで会報誌を作った辻典子さんです。
????????????? おめでとうございました。
03/13
no title



多賀町のエヌカフェアンドギャラリーに行ってきました。
今日のコーヒーは思いを込めて淹れてくださったのか特別に美味でした。
野口哲哉氏の母様は留守でしたがスタッフさんありがとうございました。

竜舌欄ですが昨年は誉めて愛でて育てたせいか大きく花開いて楽しませてくれましたが今年は土壌が力尽きたのかはたまた栄養分が残ってなかったのか本日早めに生涯を終えました。
やはり人も植物も誉めて育てるのが良いのですね。

また隣の若い欄さん 来年はバリバリで芽生えて下さいね。
03/05
no title






着物の和工房あきさんから立札の席ができたのでと案内を頂きました。
店の奥のセンターにお店のシンボルのように鎮座されていました。
五人ずつで最初の午前の部でした。
中條さんもおみえでしたのでここから和文化の更なる発信が楽しみです。
ありがとうございました。

その足で高松市立美術館で開催中の野口哲哉展にも参りました。
数センチから1メートル迄の微細なアートが沢山展示されていました。
郷土の誇りですが、私が玉藻中学時代に県会の野口裕議員がPTA会長をされていて式時には挨拶を拝聴していました。
その次代はステンドグラスの指導もされながら、樹齢数百年の松を眺められるエヌカフェ&ギャラリーも営まれています。
その方の三男が東京でアーティストとしてバリバリの活躍をされています。

兜もステンドグラスもそうですが野口家のDNAは素晴らしい。
03/01
no title






先般取材にお越しの香川県社会福祉協議会から季刊誌「生き活き」が届きました。 ありがとうございました 。

10年程前に奄美大島の方から海底の不思議な砂の造形が有るのでその形をと言う事で木型を彫らせて頂きました。どんなメカニズムでこのような物が出来るのか気になっていましたが昨日のTV? ワイルドジャパン ''神秘の島に命輝く'' の放送で詳細を知れました。
フグが荒い潮流の中で安全に子孫を育む為の壮大な仕業でした。
その木型からガラス工芸品とか焼き物のオブジェを作るとの事でしたが奄美の奇跡が広く知られる事は嬉しいです。

香川の伝統的工芸品展も無事に終りました。
CORONA禍対策の中での三日間、安全に推移して感謝でした。
完璧な対策の中で沢山の出会いとお買い上げにもあずかりました。

これからも延期になっています様々なイベントも再開の予感がしてきます。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.