木型工房から見た風景を書き記します!
11 * 2015/12 * 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12/30
2015年
先般お越しいただきました香大生からその後授業で発表された模様を写真と共にお送りいただきました。
ありがとうございました。
立派な先生になってください。
そして今年も大した怪我もなく仕事ができた一年でした。
いつもの忘備録ですが、まずお呼びいただいたのは2月にバレンタインデーに和菓子をということで
クリアさんからのお声かけで新宿に参りました。
その後3月末には新橋の旬彩館へ3日間参りまして
5月には善通寺のフラワーフエステバルに参加しましたが新緑でのイベントは快適でした。
そして10月には日本橋三越での香川のもの作り展に5日間参りましたがまるで竜宮城の浦島太郎状態でした。
11月には高知のきもの屋さん主催のお茶会に参りました。
本邦初の木型茶会となりましたがあまりの反響にまた行きたい気持ちです。
同月のサンポートでの全国女性校長OB会では900名の方々との出会いも出色でした。
あと報道では3月に四国新聞の「四国つくる伝統」欄に掲載していただき、5月には聞き書き甲子園実行委員会から「森の名手」の本が出たり、5月21日のビジネス香川に紹介され8月5日の日経新聞の文化欄でもお世話になりました。
サントリーの伊右衛門さんのFBにもとりあげられましたが生涯の記念になるのは裏千家淡交会の月刊誌「淡交」の11月号で紹介されたことでした。
その他TV局とか製菓製パンさんに瀬戸マーレさんもありがとうございました。

あと「伝統サポーターズ」ではたくさんの方がサポートしていただきその資金で学校へのボランテアー参加を行ないたいと思います。
そんな一年でしたが多くの方とお会いできて書いても書いても書ききれない程の感謝の出会いがありました。
来年もさらに深めれればと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
12/21
香川大学教育学部の学生
香川大学の生徒3人が木型の研究ということで来られました。
忙しいので手は止めずに背後にて立ってお話を聞いていただきました。
あとでショールームにも案内しました。
途中先生も巡回してこられましたが、いくら繁忙期でもこの方式でしたら何時間でもお話しするのも大丈夫ですのでお越しください。
 夜の留守中にお礼の電話をいただいたそうですがありがとうございました。
そして高松第一小委学校の先生から5年生の未来課の菓子木型コースの25名の子たちから礼状を頂きました。
半年間よく頑張られました。
残すところ来年の2月五日の「てくてく高一」での発表会だけですね。
その時は学校にお邪魔をしますのでよろしくお願いします。
12/12
42名
先般お邪魔をしました花園小学校の6年の皆さんから礼状を頂きました。
元気よく力いっぱいに書かれていました。
お持ちいただきました担任の先生ありがとうございました。

そしてまた栗林小学校の6年3組の36人が工房見学に来られました。
校長先生も同行して20分かけて徒歩で来られました。
広くもないショールームですがたまたま取材に来られていた方も入れて42名が入りました。
驚きの新記録です。
こみこみのなかで子供たちは大変な喜びようでした。

そしていま東京からお菓子が届きました。
10月の日本橋三越でお買い上げいただいた方がその後工房を見たいということでお越しいただきましたが
たくさんの木型をお買いあげいただきました。
そんな後でプレゼントを贈っていただき本当に恐縮いたします。
一生ものとして使っていただける旨書かれていました。
もったいなくで食べられない心境ですが
ありがとうございました。

Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.