木型工房から見た風景を書き記します!
05 * 2015/06 * 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
06/26
手元を離れて
大阪から木型フアンの方がお越しでした。
私が職人だから気難しい人と思って来るのをためらっていたのですが大阪のデパートでシューレー963さんのイベントで私のことを聞かれたそうです。
s答えは「イヤー、怖いこと無いですよ。普通の楽しい方ですよ。と聞き安心してこられました。
想像以上に気楽だったそうです。
帰られてすぐに伝統サポーターズに申し込んでいただきました。
ありがとうございました。

パリ行きの木型が完成して今日、市役所の方に引き取られて行きました。
福梅と千鳥の木型に脇を固めてもらって7月二日からのジャパンエキスポで5日間展示されます。
手まりとかと一緒に香川をアピールされろそうですが今回も大変やりがいのある仕事でした。
私も参加したかったのですがツール市からお越しのジュリアンさんと市役所の担当の方に託してこちらで活躍を祈ります。
製作にあったってすばらしいアドバイスをいただきましたデザイナーさんにも感謝です。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
06/08
研修会
先般岡山の裏千家の青年部の方が研修会でお越しいただきました。
中型のバスで来られて体験もされましたが後の整理整頓まできっちりされて帰えられました。
マナーのすばらしさに敬服でした。
さすがは茶道のメンバーと驚きましたが会の備品として木型の購入もされました。
27名の方ありがとうございました。
永く使ってください。
そして今日また京都の茶道同窓会ということで団体の予約をいただきました。
体験と供に木型への興味と、両方でお越しいただけるそうです。
しっかり対応したいです。

また昨日はアメリカのセントピーターズバーグ市に行かれる高校生が三人で木型の話を聞きに来られました。
向こうで盆栽等と供に高松文化を説明をされるそうです。
利発そうな三人なので心強いかぎりです。
私もついつい力が入りました。

そして明日からはパリのエキスポジャパンで展示される木型の製作にかかります。
日本の和文化がフランスで興味をもたれることを祈りながら彫りたいです。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.