木型工房から見た風景を書き記します!
04 * 2015/05 * 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
05/30
1800キロ
25日に奉仕団体で1800名参加の中四国をエリアにした大きな大会がありました。
その席でお抹茶サービスをすることになりました。
300名にお菓子とお茶でのお接待です。
木型を通じて高校の茶道部に繋がりがあるということで私にその役がまわってきました。
茶道部がある工芸高校と高松一校の先生にお願いしました。
日曜日にもかかわらず約30名の生徒と、先生と顧問の先生が5名起こしいただきました。
そして中央ライオンズの女性会員も6名お越しいただきました。
お陰でスムースに300名の方がお接待を受けていただきました。
ありがとうございました。
そしてビジネス香川では沢山の方が反響をいただきました。
ありがとうございました。

そして先日車の一周年の点検に参りました。
なんと1800Kしか走ってなくって叱られました。
納車後にすぐに入院した方でもっと少ない方はいましたがそれ以外では最低走行距離です。
バッテリーが上がりますのでもっともっとお乗りください。
はい。
忙しいから仕方が無い。



スポンサーサイト
05/21
栗林庵のディスプレー
四月から栗林公園の中の栗林庵のウインドーに木型を100個ほど展示されていました。
その間に海外の方の目に留まり反響が大きかったのですが残念ながら次の展示品が決まったそうでして、25日に搬出となりました。
また次回にはスケールダウしての展示もされたらと思います。
先日の取材の折に栗林庵のこともインタビューで述べさせていただきました「ビジネス香川」
今日の朝日新聞と日経新聞に折込みで入りました。
フリーペーパーなので近所のセブンイレブンでもらって帰りました。
二週間、ホテルとか機内とかバス乗り場などにも置かれるそうです。
顔は汚いですが文章はすばらしいです。
編集の方ありがとうございました。

05/19
二六会
善通寺でのイベントも無事に終わりました。
担当の方の尽力ですばらしいブースが出来ていました。
搬入のため8時に現場に着くように参り、皆で一時間で飾り付けをして9時のオープンに備えました。
最初雨のため人出もゆったりでしたがやがてすごいことになりました。
今回は和三盆は随時自由に体験もしてもらい、試食も自由にお配りしました。
子供達と共にほっこりとした雰囲気になりました。
西讃の方との出会いと再会が沢山ありました。
お買い上げもいただきましてありがとうございました。
私の少し遅めのゴールデンウイーク休暇となりました。
和三盆ガールの方にも感謝です。

そして今日は大阪の菓子研究会、「二六会」の方20名をお迎えしました。
豪華なサロンカーでまず宝のイチゴ大福さんを見て、食後にこちらの工房見学ツアーというコースでした。
リーダーの西尾さんを始めお世話になっている方々と久しぶりの再会大変嬉しかったです
お買い上げいただきました木型と共にもう帰られたころだと思います。
ありがとうございました。
05/07
GW明け
やっとGWとかが終わりました。
どこにも行かずにひたすら木彫りと遠来の方の接待に勤めていました。
世間とは別世界で生きています。
自分で自分がかわいそうですが!
そして先般「ユーは何しに日本へ」という番組がありましたが、その担当者からDVDを送っていただきました。
少しだけの出番でしたのにありがとうございました。
今テレビでは和風総本家が流れていますが
以前に菓子木型が取り上げられた「初めての京都」編もユーチュ-ブで見れることを知りました。
木型のことが良くわかります。
そしてスタートした伝統サポーターですが、今日サポーターの方にお土産で差し上げる品物が出来ました。
菓子木型をあしらったエプロンです。
特別限定品です。https://www.den-suppo.jp/projects/23

サポートのほうもよろしくお願いします。
05/01
聞き書き甲子園
今日,第13回聞き書き甲子園実行委員会から聞き書き作品が送られてきました。
全国の100人の森の名手たちの生き様が高校生の手で記されています。
西条高校の担当の生徒さんありがとうございました。
各人4ページの大作ですがこれだけ時間をかけての取材はなかなか出来ないのでこれからも大切にさせていただきます。

今朝近くの小学校の二年生40名ほどの児童が遠足で来られてショールームに入って見てもらいました。
また時期を改めてこられるそうなのでお待ちしております。
 
世間の連休の話はどこ吹く風でこちらは注文の仕上げに努めて、その間に接客してまたフラワーフエスティバルでの展示売品の製作にかかっています。
そんな折の悩みがありますが一見さんからの電話で受話器をとると早々に木型のオーダーの値段を聞かれる方がいらっしゃいます。
色々とデザインとか大きさとか生地は何かとか様々な内容を示していただいてから見積もりになりますのでどうかよろしくお願いいたします。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.