木型工房から見た風景を書き記します!
04 * 2012/05 * 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05/27
YUKARI
マガジンハウス社のYUKARIが出来たので送っていただきました。
Mさんありがとうございました。
[日本の大切なモノコトヒト
今回は特集 和菓子
和菓子の伝統を新しくする10人]

大変美しい誌面で有名な菓子屋さんを網羅した主に女性が対象の力作です。
是非ご覧になってください。
怪我ばかりしている手元のアップも編集の皆さん
うまく撮ってくださって醜いことも無く感謝です。

そして関東一面の朝日新聞に折込みではいる「定年時代」にも掲載いていただきました。
誌面お送りいただきありがとうございました。

先般の壇れいさんのBSと雑誌の両面からの報道で木型に興味を持ちながら職人の存在を知らなかった各地から反応をいただいております。

来て頂きお買い求めいただいた木型キットの礼状もいただきました。
ありがとうございました。
またこれからの取材要請も多数いただいておりますが可能な限り対応しょうと思います。


スポンサーサイト
05/18
お礼と予定
壇れいさんの名匠を訪ねて 
和三盆と菓子木型の放送も終わりました。
全国から大変な反響をいただきました。
一時間の全国放送という重い役でしたが二度と出来ない経験でした。
製作スタッフの皆様、そして関連取材をお願いしました各社の方々ありがとうございました。

そして昨日は東京芸大の先生三人が打ち合わせに来られました。
10人前後で毎年来られていましたが今回は取手キャンパスに行き学生に彫りを含めてレクチャーをとのことでした。
それで7月26日27日の二日間の集中講座で遠いから前後4日間は工房を留守にします。

また6月24日は高松で茶道の総会に参りまして、同27日は坂出市役所の主催の婦人会の200名の講演会に呼ばれました。

上記以外は毎日工房で彫っています。
05/13
玉泉堂様
今朝クール便の荷物が届きました。
釜石の菓子屋さんからでした。
宮城のお酒と三陸のいくらと自家製のお饅頭でした。
礼状もいただきました。
震災にあった木型修復のお礼でした。

ありがとうございました。
言葉がありません
只々感謝のみです。

短くて深い礼状に感動しました。
皆さん釜石の玉泉堂へのご支持とバックアップもよろしくお願いします。


05/09
手わざ 恋恋
今日釜石に荷物を送りました。
究極の支援価格で送付しました。
しっかり使ってくださいね。

 いよいよ壇れいさんの放送が始まりました。
第一回は小豆島でした。
ヤマロク醤油と生そうめんと島宿真里さんでした。
すばらしかったです。

そして第二回が来週の14日です。

高松 和三盆と菓子木型
~讃岐が誇る砂糖の最高峰!和三盆巡り~

ルーヴさんとかパテシュエリーミクニさんとか中条財団さんとか琴平の参道も映ります。

そして第3回が21日で丸亀団扇と一閑張り
4回が28日でオリーブで6月4日が提灯で最後の11日がうどんです。
6週かけて香川が紹介されます。
これで益々観光客が来てくれることを祈ります。
05/03
震災の木型
震災で東北の木型をなくした菓子屋さんに支援価格でお送りしていますがこのたび釜石の菓子屋さんから荷物が届きました。
あけると震災にあった木型たちです。
元来木型は上下二枚で出来ていますが片方が無くなった木型ばかりです。
上板がなくなったのが10枚と本体がなくなったのが3枚です。
何とか助かった物の相方を作るのが役目です。
その手紙になきました


ご芳志に心より感謝を申し上げます。
さて上下で別れ別れの型ですが 添わせてやりたいものと迷惑顧みずお願いいたす所存です。
よろしくお願い致します。

釜石の仮設商店街でがんばっておられる和菓子屋さんです。
皆さん釜石に行かれたら震災を潜り抜けて一皮削って清潔によみがえった木型を持たれているお菓子を訪ねてください。そして自慢のお菓子の数々を味わってください。
  
今日は丸亀のお城祭りに来られていた京極家のお殿様の直系の方がご夫妻で工房にお越しいただきました。
ご案内いただきました市役所の方ありがとうございました。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.