木型工房から見た風景を書き記します!
07 * 2011/08 * 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
08/25
礼状へのお礼
今朝数名の方から、日経新聞の四国版に載っていますよ、とのメールをいただきました。

後でコンビにまで買いに行きましたが身の丈にあまる程に書いていただいていました。

小林支局長、ありがとうございました。

そして8月15日にお越しいただきました水戸市の観光課の飯村課長から礼状と写真を送っていただきました。
両市の交流が益々深まる事をうれしく思います。
ありがとうございました。

さらに先般ジャイカの協賛で発展途上国から13名で起こしいただいていましたオイスカの四国研修センター長からも礼状をいただきました。
今回の様々な研修で学んだことを帰国後の活動に生かしてくださるそうです。
また次回は10月にこんどはアフリカから来られる8名の方とスタッフでこちらにお越しいただく予定です。

心よりお待ちしております。


スポンサーサイト
08/20
100周年パーテー
手芸センタードリームの(株)小野さんの100周年のパーテーに参りました。
クレメントホテルに400余名の方がお越しでした。
100年の歴史を映像にまとめて紹介されましたが今全国で64店舗営まれているそうです。
まさに日の出の勢いの会社です。
そして祝宴が始まりました。
地元の名士の方が大勢いらっしゃいました。
会長ならびに社長の人脈の広さがわかります。
今までの中ではなにもかも最高のパーテーでした。
引き出物の中に木型を使って焼きあげたお菓子が使われました。
ドリームという字と会社の花のロゴマークをデザインしたものでした。
ありがとうございました。

そして帰り道で街のシューレー963に寄りました。
去年の11月のオープンから木型をウインドー装飾にお貸ししていましたが後二日で模様替えされるそうです。
今度は一面に漆器を飾られるそうです。
商店街の活性化の成功例で全国から見学に来られる丸亀町で10ヶ月も展示していただき感謝です。
また何なりとおっしゃってください。

そしてサンクラッケにも寄りました。
両方からイベントでの協力の要請がありました。
なんなりとおっしゃってください。









08/18
高校一年生。
昨日は高松の高校の生徒たちが文化祭に飾る和三盆糖を作りに来られました。
色々な和三盆を沢山展示されるそうです。

午後には日経新聞の小林支社長が取材に来られました。
連載のタイトルは「かける四国人」だそうですが4時間ほどおられました。
私は手は常に動いているのでどなたが来られても仕事の滞りにはならないのです。

そして今日は先般おせわになりました鳥取博物館から礼状と素晴しい記念品が届きました。
森谷館長ありがとうございました。

それと共にUSBも入っていまして、沢山の写真から参加者の皆さんのことも思い出して、あの日の熱が伝わってまいりました。

また再会の機会を頂けましたらうれしいです。

ありがとうございました。
08/15
水戸市と彦根市からのお客様
今朝は10時からの予定で高松市がお招きした姉妹都市の水戸と彦根のゲストの方10名が、栗林公園を散策した後こちらに来られました。

各要職に就かれている方と共に、高松での夢大使にかなう観光大使の方も両市から2名ずつ4名お越しでした。

まず豆花で和三盆の体験をして、その後工房と隣のショールームで木型を見ていただきました。

花火に総踊りの審査にと様々な役割を果たされて、長い歴史の3市の友好がますます深まる事を嬉しく思います。
08/10
暑い日
テレビの放映無事に終わりました。
RSKさま、綺麗に構成していただきました。
自由研究の子供が沢山きてくれることと思います。

4日間 物が噛めずに苦しみましたが肩揉みをしてもらったり夜の8時には仕事を切り上げたりと養生したところ、ほぼ楽になりました。
自然治癒力に感謝ですが健康の大切さを痛いほど感じました。

そして先般お母さんと体験に来ていただいた日和佐のななみちゃんとみゆうちゃんから礼状が届きました。
金魚の型大切に使ってくださいね。
鳥取博物館からもアンケート抜粋添付のありがたい礼状をいただきました。
ありがとうございました。

午後から市役所の方が下見に来られました。
高松祭りで市がお招きをされるゲストの方々を当工房と豆花に案内して下さるそうです。
未知の大役ですがしっかりおもてなしをしたいと思います。

08/08
鳥取紀行
鳥取から帰ってまいりました。
博物館での講演は通常でしたら私は話だけで、体験は豆花と豆母と言う形でしたが、そこから外れて私が学芸員の方の助けで両方をするということになり心配でした何とかできました。
しかも正規の申込者以外上の50名程いらっやっいました。

でも満足されて帰られる姿を見ると嬉しかったです。

茶道の方たちは木型のキットも購入をされました。
ありがとうございました。
以降さまざまに利用して楽しんでください。

翌日はいつもお世話になっている菓子屋さんにお寄りしながら、松江まで参りました。
清松庵たちばなさんにお寄りすると、ちょうど今夜は宍道湖の花火大会ですと教えていただきました。

でも8日の朝に来客があるので嫁が島の夕日の写真だけ撮って、後ろ髪引かれつつ米子まで走りました。
そこからだと10時には帰宅できますから。

それまでも彫りすぎて疲れていたところへ750キロ程の走行で体調がパンクして歯が浮いて、物が噛めなくなりました。
ミルクにヨーグルトにプリン。
そして讃岐うどん。
変なところで讃岐に生まれてよかったけれど、また体調戻して旅に行きたいです。

Sさん&Sさん、Yさん、Mさん、Tさんありがとうございました。

08/04
留守の前に
昨日は山陽放送からの取材がありレオマワールドに出演している忍者が二名来られてこの辺りを疾走され、かなり怪しい空気になりました。
タイトルはヒローズが行く必殺 さぬきの一品
放映は8月10日の17時10分です。

そして日経新聞さんから取材要請があり8月25日の四国版の「人」コーナーにいるそうです。

そして東京芸大の先生からも学生たちを連れて行くから木型も見たいからとのオファーがありました。

今日は新潟から松本クラフトで知り合いになった方が来てくれます。

そして明日は鳥取に行く準備をします。

鳥取博物館での講話は30名で締め切られましたが見学だけでしたら可能かもだそうです。

沢山の方とお会いしたいです。

Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.