木型工房から見た風景を書き記します!
03 * 2008/04 * 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
04/28
岬の分教場
2008年4月 614
高松北高校の春の遠足のカメラマンを頼まれてもう十年近くになりますが今年は実演販売のイベントとぶつかったのでご辞退をしたのですが、どうしてもスタッフが足りないからとのことでイベントの方に事情をお話しして行ってまいりました。
行き先は小豆島の岬の分教場と二十四の瞳映画村とオリーブ公園でした。
年に一度この日だけはしっかり写真屋さんになります。
天気も良かったので問題無く集合写真も、楽しんでいる風景もメジャーに収めることが出来ました。


と、これは何年か前のお話ですが、寒霞渓におサルさんを見に行きました。
下山途中に道端で数羽のキジを見かけました。
内海長の町まで降りてくるとイヌがいました。
家に帰るとオニもいました。
スポンサーサイト
04/25
トモシロイノウエ
2008年4月 513
郷東町の香東川を見渡せる高台にK印刷の社長邸がありました。
その後使わなくなり長く空き家になっていたそうです。
東京の代官山でフレンチの店をやっていた孫娘にあたる方がシェフとともにこの豪邸を改装して、地元に帰ってこられました。
それがトモシロイノウエです。
今日友人四人でディナーに行ってまいりました。
想像以上の店でした。

Pから見た見た風景ですがボタンが旬でした。

つづきを表示
04/24
菓子博覧会
2008年4月 508
姫路の菓子博に行ってきました。
前回の熊本から6年ぶりの開催です。
平日30000人、休日は50000人もの人出ですが早めに行ったほうがお菓子の状態等がいいので昨日行きました。
新幹線で姫路まで行き、会場まで20分ほど歩きました。
工芸菓子の展示ブースが二つありますが両方とも長蛇の列でした。
「和の匠館」のほうは30分で入れました。
一番の呼び物の姫路城を作って展示している「和と洋のシンフォーニー館」のほうは3時間待ちでした。
幸い曇っていたので待てましたが天候しだいでは大変だと思いました。
この二つは見張りの方がいて撮影できませんでしたが撮影も写生も自由なNYの美術館などと違ってなぜ撮影がいけないのかいつも疑問です。
その理由はわかりませんが私の木型を使って出されている作品とか誰もが撮っているところではそっと撮りました。

そして「日本縦断お菓子巡り館」では全国のお世話になっているお菓子屋さんの近況を知る気持ちで出品物を見せていただきました。
またお会いしたい方々がいっぱいでした

菓子業界に携わっているものにとって大変有意義な一日となりました。
つづきを表示
04/22
御礼
2008年4月 340
ハンドルネームねりきりさんありがとうございました。
遠いところを木型を買いに来ていただいて、ありがとうございました。
その上お土産に前回お求めいただきましたさくらの木型を使って手作りした上生菓子を持ってきてくれました。

趣味で御菓子を作られていらっしゃる友人4人で御越しでしたが、綺麗にできるものですね。
色々お話が出来て良かったです。ありがとうございました。
食べた感想は痛いほど美味しかったです。
04/18
るいままさん
瓦町の天満屋の東側のお店で今香川の町起こし活動の旗手でもある「るいままさん」と崎さんにお会いしました。
乃村さんの紹介でと荒木さんと私の伝統工芸士三人で行ってお話をしました。
4時間ほどの楽しい会食でしたがその模様が今朝の彼女のブログに載っていました。
時々ノートにメモっておられましたが、たくみな文章はさすが小説家だけあるなーと感心しました。


http://ruimama.ashita-sanuki.jp/e22299.html
04/16
いろは
昨日も大阪から「いろは」を見たのだけど工房見学をさせてくださいという女性の方が一人こられました。
根深い人気の本ですがVol、3は香川特集で猪熊美術館と丸亀団扇と池上うどんと当菓子木型工房とイサムノグチ館が載っています。
皆さんその順番で回られるのですが、池上うどんは掲載の鶴市町にはもうありません。
とうに引越しをされたのですが、無いところでいくら時間をかけて探されても無いだけにすごく時間を無駄にされます。
半日かかってあきらめた方もいらっしゃいました。
せめてここでお知らせを致します。
留美子ばあさんでお馴染みの池上うどんは香川町にて営業されています。
04/14
掲載日
2008年4月 167
4月13日づけの四国新聞の「お庭探検隊」というコーナーに我が家の玄関が紹介されました。

紙面では「おうち兼、工房は」となっていますが、実際は二つはPをはさんで別棟になっています。
ほとんどの来客は工房に来られてそこから帰られるので、隣接の玄関は見たことも無い方がほとんどです。
このコーナーを見て「あんな玄関どこに隠しとったんなー」と言われましたが、新緑の季節を迎えた花々に、これからも愛情を注いでいければと思います。

04/13
ブース模様
2008年4月 147
イオン高松店の出展のブースです。
ここで実演をしました。
土日は大変な人出でした。
懐かしい再会が多数ありました。
そしてオリジナルの木型を作られる人もあり充実していました。
瀬戸大橋メモリアル記念イベントも、あと4月26日から4日間の高松サテー出展で終わります。
あと一息頑張ります。
04/09
高松イオン
10日から13日までの間高松イオンの物産展に出展します。
一階の入ったところの催事場です。
今日雨の中搬入に行ってまいりました。

やはりすごく大きなお店に改めて驚きました。
あす配布のチラシも見せていただきました。
顔写真と木型の写真も載っていました。
最近顔の劣化がはげしいので写真は2年程前のものを使いました。
朝9時から夜の7時までと10時間の長丁場ですが出会いを楽しみに励もうと思います。
明日もかなりな雨らしいですが沢山の皆様が来てくれたらいいと思います。
04/08
礼状
今回は古高松小学校の三年3組の31名と4組の30名の皆さんから先般のものずくり伝道師の礼状をいただきました。
皆さんありがとうございました。
和菓子に興味がわいた方もいらっしゃるし、手仕事に興味を持った方もいらっしゃいました。
様々な61名の皆さんの感想をお聞きして大変参考になるのと同時に参考になりました。
新学期の4年生になったら彫刻の時間もあるそうですね。
どこに自分の才能が潜んでいりかわからないので、機会があるたびに様々な分野に挑戦してみてください。
河野先生をはじめとして皆様本当にありがとうございました。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.