木型工房から見た風景を書き記します!
08 * 2007/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
09/29
名勝 栗林公園
1月16日栗林公園相原 029

高松市の栗林公園は日本三大名園にも勝るといわれている美しい公園です。
29,30日の二日間、公園の中の商工奨励館という所で菓子木型彫刻の実演をしました。
土日祭日は必ず工芸士が二人ずつ出て、香川漆器を始め様々な工芸品の実演をしています。
全国からここに来られる方への広報活動として香川県が開催しています。
当番制なので私も年間二日間だけ参加します。
もちろん実演と共に販売もしますが、私のコーナーは、たまに売れたり、ほとんどが売れなかったりないので買われない方にももっぱら公園の見所とか香川の観光についてお話しをします。
内容はまず譛岐うどんでOKです。
有名店と、有名ではないけれど美味しい所とかを伝えます。
それと最近移転したり廃業したりした店が多いのでそれについても言及します。
”留美子ばあさん”で有名な池上うどんとか、本当に美味しい三徳うどんなどは移転されています。
観光マップには載っているから、時間をかけて探されても、さら地になっていたりするからすごく無駄な時間をとられますから。
それと最近ではアートの島・直島の話も弾みます。
いずれにしてもすばらしい景色の公園なので県外から我が工房にお越しの方には帰路にはこの公園の散策をお勧めしております。
時間に余裕のある時は、車で5分ほどの距離なのでお送りして差し上げたりもします。
つづきを表示
スポンサーサイト
09/10
三越のお中元
2007年」夏 240


今夏の三越のお中元のカタログの表紙には金魚が描かれています。
そのイラストに似せての立体の15センチほどの金魚の型の作成を依頼されました。
出来上がった木型にガラスの作家さんが色々技を駆使して、ガラスの金魚を作られ、ウィンドーディスプレーとして使われました。
その仕事にかかわったスタッフと職人達が集まっての反省会がこの日東京で行なわれました。
迎えの方の案内で銀座と日本橋の地下通路のウィンドーに、色鮮やかに飾られたガラスの金魚と対面しました。
その後三越本店を見て歩きました。
写真ではわかりにくい大きさですが、六階まで全て吹き抜けにしてたたずむ巨大な天女の像を始め、劇場、美術画廊等、桁違いのスケールと先進さに驚きました。
その後は夜の反省会まで時間があるので探索に出かけました。
上京のつど新しい東京を見ることができますが、今回は虎屋文庫さんと合羽橋商店街でお菓子事情を学んでから六本木ミッドタウンと新丸ビルも見ました。
夕方から東京駅横のビルの居酒屋で6名でのにぎやかな反省会となりましたが、今回もまた新しい刺激をいっぱいもらって工房に持ち帰ることができました。
つづきを表示
09/09
目覚めの驚き
2008年1月 027

朝何気なく新聞を見ていると見出しに”伝統の菓子作り”とか書いてあるのでなんだろうと思った。
読んでいくとまるで私のことみたいなのです。
でも取材された覚えが無いし。
朝からぼけたのだろうか?
などと思いながら読んでいくとやはり名前も私でした。
内容は去る7月21日に近くの花園小学校へ行った時の様子について書かれていました。
取材の方がこられていると、カメラとか雰囲気でわかるんですが、その日はそのような様子はありませんでした。
で、推測すると
授業の一環で学校の出来事を新聞社に投稿する係りの子供記者がいて、写真も撮って、記事も書いて、それが採用されたものと思われました。
とりあえずボケ症状ではなかったようでした。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.