FC2ブログ
木型工房から見た風景を書き記します!
02 * 2003/03 * 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
03/20
『四国へんろみちを往く』vol.12「ドコモからのお知らせ」NTTドコモさん
去る1月23日、NTTドコモさんから取材要請の電話があった。毎月送られてくる明細書に入っている「ドコモからのおしらせ」というリーフレットを担当している方だった。
「巻頭の見開きで(四国へんろみちを往く)というコーナーを連載していますが、来る3月21日号で根香寺から屋島寺の間を取り上げます。その中で菓子木型も紹介させて頂きたいですが。」
との事だった。無論異存は無く、協力の旨を伝えた。

2日後、カメラマンも含めて3人のメンバーでお越し頂いた。最近顕著なことだが、デジカメを使用するカメラマンが増えてきた。おかげでその場で画像を見せてもらう事が出来るので、出たとこ勝負の掲載日当日の怖さが無くなった。色々とこちらが話す事をメモされ、作業中の写真もたくさん撮られていた。
「本文に掲載される写真は2枚ですが、別途ドコモ四国のホームページにも掲載します。」
との話だった。リーフの配布地区は四国全域で発行部数は95万部とお聞きした。HPを覗くと、四国4県で150万人の利用者がいるとのことで、その差は複数機契約とか家族契約でそうなるのかと思った。

その後2月13日に最終構成されたゲラのFAXが入った。左端には参道を歩くお遍路さんの姿があり、右端には屋島名物のイイダコおでんが写っていた。その真ん中に菓子木型と共に私の写真が、まるで厳つい職人が仁王様でも彫っているかのような風で写っていた。《辛抱が肝心》との見出しがあり、200字程の説明文も書かれていた。その下に高松のマップも描かれていて、札所と共に我が家の場所も正確に記載されていた。

八十八ヵ所巡りをする人にも携帯は必需品だろうと思われるが、もしこのマップを見て一人でもお遍路さんが工房を訪ねて来てくれたら、その時は精一杯お接待の気持ちでお迎えしようと考えた。

★ NTTドコモ四国さんホームページ ★
http://www.docomo-shikoku.co.jp/

☆ ドコモからのお知らせのページはこちら (3月21日号はこちら)
上記ページで最新号が見られます。
「バックナンバー」をクリックすると過去の分も見られます。
スポンサーサイト



Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.