木型工房から見た風景を書き記します!
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12/18
クールジャパンワールド トライアル
先般お邪魔をした大田南小学校の家庭教育学級の部長からとても暖かい礼状をいただきました。
ありがとうございました。
又皆さんとお会いしたいです。

全国各地からのオーダーの木型をどんどんと仕上げて納品しています。
その木型で出来たお菓子もときたま贈っていただけます。
作り手としてなによりありがたい事です。

そして来年の予定が入ってきました。

イタリアのミラノで開かれるクールジャパンワールドに、木型に魅せられたという方が中小機構とジェトロと経済産業省等が共催の事業に応募され、その企画が通ったのです。

私もオープニングレセプションに招待していただきました。
通訳を通して日本の伝統についてとかその工法等のプレゼンをするようにとの依頼をされました。
この冬はとても寒そうですし、羽田からパリ経由での往路は一人旅なので心細いですが、幸いパスポートはまだ生きているのが幸いです。

年中怪我しながら休みなしで働いていますが、酷使した指とアームの休めを兼ねた卒業旅行のようです。

http://cool-japan-world-trial.com/italy.html
スポンサーサイト
06/16
工房見学オプショナルコース
昨日塩江に行きました
。豆花が出展しているやまなみ芸術祭塩の絵`新たなる源泉。
とのタイトルでした。
古びた町並で伝統工芸士が実演をしています。
菓子木型は娘が代理でワークショップでの出展です。
15,16日が当番ですがイベントは23日まであります。。
久しぶりに通る旧街道は昔とあまりにも変貌していて驚きました。

そして最近県外から沢山木型の見学に来られます。
泊まりでも来られますが最近来られた方のコースが特によかったので紹介させてもらいます。
高松中央インターで降りられて、三徳うどんに寄られて、仏生山の法念寺で五重塔を見られ、その後栗林公園の和船に乗られました
夜は二蝶で食べられて一泊して翌日は琴参バスのうどんツアーに参加されました。
http://www.kotosan.co.jp/sp/
お勧めしたい山内うどんと長田うどんもコースに入っていて、あとケーキの花月堂と80分の琴平金比羅参りに満濃池、善通寺と地元民も驚く理想のコースです。
ガイド付きで1000円とお徳です。
予算の関係で9月までの開催だそうですから是非ご利用ください。
06/08
イベント
滋賀県におられました木型職人さんが5月末に廃業しましたからというので京都の菓子屋さんから沢山の依頼が来て多忙でした。
次々にやめられ、こちらも連鎖で倒れそうです。

高松商工会議所のロビーに展示されている木型達ですが6月24日に引き上げて次は高松市の歴史資料館の夏のイベントでの展示となります。
その期間中の8月28日には木型の話と和三盆の体験が企画されています。
また高松市の広報誌とかで募集があるかと思いますのでご参加ください。
そして東京でも7月と9月に木型の講演会のオフアーがありました。
関東の方との再会が楽しみです。
詳細が決まりましたら記しますのでよろしくお願いします。
02/23
お礼
先般の花園小学校は5時間目に私がお話しをして6時間目は家庭科室に移動して豆花が和三盆作りを体験してもらいましたが6年生の皆さん楽しそうでしたが最近このパターンが増えています。
そして今日先般の栗林公園での通訳士の会での件で代表の方から礼状をいただきました。
ありがとうございました
それと夕方第一小学校の先生が生徒25名の礼状を持参していただきました。
一年間で私が授業に参加したのは8時間でしたがそれ以外に52時間もかけて伝統工芸を研究をされ、それをまとめた感想文でした。
ありがとうございました。
そして宮崎の方から地元の特産品を送っていただきました。
木型キットを買っていただいた上にこんな珍しいものを送っていただき感謝です。
又工房にお越しください。
皆さんありがとうございました。
01/05
今年もよろしくお願いします
新年明けましておめでとうございます
昨年は全国から沢山の方にお越しいただきました。
体験もされて、遠隔地からお越しの方は木型のキットも買って帰っていただきました。
今年もすでにお正月から沢山の出会いがありました。
本当にありがたいことです。

新しい年に向かって今年の抱負を決めました。
自分にきびしく周囲に暖かく

ということで毎朝50回×2回で100回の腕立て伏せを続けること。
朝8時半から夜10時までの勤務を年中無休で続けること。
そして決していやということを言わない。
言わなければならないときはワイパーワイパーと笑いに変えつつ否定する
仕事は断らない。

怪我しない限り以上を守ります。

そして今日は県の観光交流局観光振興課の依頼でゲストをお迎えしました。
韓国の著名な出版社二社の編集者とカメラマンのクルーでした。
全員とすっかり打ち解けて帰っていただきましたので「うどんに栗林公園、菓子木型♪」としっかり香川を広報していただけるものと思います。
随行のS様お疲れ様でした。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.