木型工房から見た風景を書き記します!
05 * 2018/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
06/16
no title




川西市郷土館での講演会ですが今回は
早く着きましたので広い館内をゆっくり案内して頂きました。
美術館をはじめ凄い収蔵品の数々でした。
このような設備の中でのイベントでしたが
沢山の方にお越し頂きまして、それぞれ熱意の溢れる方たちへの体験とお話は大変やりがいが有りました。

帰りには紫陽花のまさに盛りの頼光寺にも案内して頂きました。

館長さんはじめスタッフの皆さん、そして応援の方たち、ありがとうございました。

数々の木型のご注文も頂きましたので、明日からまた老体にむち打ちます。
スポンサーサイト
06/13
no title


川西市郷土館16日の一時半からの菓子木型のお話と体験ですが2つの部屋で同時にスタートしまして体験が終るとまた全員での講演会になります。
今体験は満席ですが、今から予約の方も講演会が終わった後で出来ますので予約も大丈夫です。
宜しくお願いします。

工房にも国の遠来の方から海外の方まで沢山の方がお越しです。
満足して帰って頂くよう努めていますがこのFBもコアな木型ファンの方には覗いて頂いています。
友達でもないけど見ていますとよく言われるでまた頑張ります。

毎日彫って居ますけど、16日はいませんので宜しくお願いいたします。
06/10
no title




8日に第一小学校の五年生が未来課の授業で28名が20分かけて歩いて来られました。
また9日には香川大学の教育学部の学生もお越し下さり、学内報告に備えられました。
今日は高松町の子供会から体験にお越しでしたが今帰られました。
そしてサンメッセで庵治のストーンフェスティバルが開催されていますからと案内があり今見に行きました。
流石に立派なイベントでした。
写真の翼石材さんの宝塔和三盆がお墓の販売に繋がることを祈りつつ帰りました。

同時に川西市郷土館から報告で「16日の一時半からのイベントですが、和三盆体験をされる方は予約で満席ですが後半の講演会はキャパが広いからバリバリ大丈夫です。
駐車場も広くなったので安心してお越し下さい」と言われました。

安心して参りましょう。
06/07
no title


今日は高松サンポートに豪華クルーズ船 ロストラル号がお越しです。
1月頃から菓子木型のお話を船内シアターでと依頼されていました。
まず乗れることも無いことですから楽しみにして準備にかかっていました。
ところが最後の最後になって「時間的な事で、また次回にお願いします」!と言うとこになりました。?

一部の知りあいの方には報告を約束していましたがかたじけないです。
次に期待して下さい。?

260名のフランス、スペインの富裕層が香川を巡ると恩恵は素晴らしいかと推測します。
お陰でこちらにもフランス人四人が体験にお越しです。

しっかりおもてなしを致します。
06/05
校章

この度高松第一高校から校章の木型の製作を頼まれました。
高の字が三つの松葉に囲まれたデザインです。

振り返れば、両大手前、北高、東高、工芸、香川中央、高松西高、高松中央、南高、丸亀、飯山 高校と!。
また多くの小中校の校章も作りました。
お世話になりました。
主に周年記念時とか、家庭科&茶道部の先生が転校になる度に波紋が拡がりました。
100年持ちますので大切にご利用下さい。

16日の兵庫県の川西市郷土館での講演会ですが今回は和三盆体験も入れてほしいとの事ですのでお手伝いの方と打ち合わせをしています。

関西の方にお会いできるので待ち遠しいですがお早めのご予約をお願いします。
05/29
no title




高松法人会のブロックの研修旅行で27日、岡山方面に参りました。
40名で吹屋地区をメインに回りました。
お昼のサントピア総社も良かったです。
バスの中はいつものように掛け合い漫才状態でした。
多忙な中沢山のご参加ありがとうございました。

そして今年も 兵庫の川西郷土館で 匠の伎 菓子木型展 が開かれています。
その一環で6月16日(土)午後1時から講演に参ります。
また関西方面の方にお会いできるので元気バリバリ 滅多に乗らない車で参ります。
詳しくは川西市郷土館 072 794 3354 までご参加お申込み宜しくお願い致します。
05/24
no title




毎年11月になると知り合いの学会員さんから頼まれまて1ケ月だけ購読している聖教新聞ですが昨日はその文化欄に掲載して頂きました。
他県の方からも連絡を頂きました。
ありがとうございました。

そしてJRの四国真ん中千年ものがたりの列車ですが多度津から大歩危駅までの運行です。
贅沢な車内のみで販売されている和三盆が好評だそうですがやっと届けて頂きました。
にしきやさんありがとうございました。

また先般東京から取材に来られていましたフコク生命さんですが公式ホームページにアップできましたと案内頂きました。

各方面からの伝統へのバックアップにはただ感謝だけです。
05/17
no title




高松ミライエに参りました。
高松ユネスコクラブの主催で香川大学の留学生を招いての和三盆作りと菓子木型のお話でした。
ドイツ、中国、台湾の方であとはユネスコクラブの会員さん達です。
国を越えて有意義なボランテァ活動をされている皆様お疲れ様でした。
ありがとうございます。

そして今日、かがわ経済レポートの5月15日号と旅の手帳6月号が送付されました。
経済レポートでは先般の新宿ISETANで開かれました「香川デザイン倶楽部」の模様を現地からレポートして頂いています。
東京からはその後も沢山お越しくださいまして多くの余波にあずかっています。
ありがとうございました。
05/07
郷屋敷に行にて




GWも沢山のご来場ありがとうございました。どこにも行かずに木彫りの間で応対しましたが、やれやれの感じです。
その間に12日の土曜日お昼に放送予定のOHKなんしょんな?が琴電長尾街道沿線の取材に来られていました。
少し居て直ぐに沿線に向かって移動されました。
高視聴率祈ります。

そして今日はいつもイギリスからお越しのお二人ですが、和の雰囲気をとうどん懐石を案内しました。
四人部屋で料理長も来られて国際交流を果せました。
担当の方もありがとうございました。
04/30
若人茶会


玉藻公園のお茶会も無事に終わりました。
沢山のご来場ありがとうございました。
今年は去年の蘇鉄の間より狭い杉の間があたりまして、そのせいもあって全席満席で後半は一席20人体制で対応しましたがまだ足りずに、このお席だけパスして帰られた方もいらっしゃいました。
申し訳なく存じます。
穴埋めは豆はなにお越しください。
ご招待させて頂きます。

この菓子木型茶会の お世話を頂いたのは中條財団の山下先生と生徒たち、菅休庵の青年部の方たち、県外から応援の方たち、受付の方たち、水屋の方たちです。
長い間準備をされて、そこに私と豆はなは当日だけ参加して、それでもほぼ成功させて下さる素晴らしい面々です。
ありがとうございました。
Copyright © 2005 木型工房便り.
all rights reserved.